赤穂義士にまつわる2題

不破数右衛門の子孫に関係する方が現れた

 寺の墓地には「無縁墓」という物がある。数十年もの間、誰一人お参りされる方もなく、連絡先もわからなくなっているのだ。中には150年以上もお参りのないものもある。過去帳をみると「これにて絶家」と書かれている物もたくさんあるのだ。
 そんな中で、何故なのかはわからないが、年賀状が来るようになった方があった。関係性がどうなっているのかわからないので、失礼を承知の上でおたずねして見たら、「瓢箪から駒」のようなことが起こった。

Sさんご夫妻が尋ねて来られた。

先日わざわざ来示され、宗玄寺から離れて都会へ出られたことがわかる「過去帳」も拝見したのである。データ分類の中の「係累」がはっきり出来ることになったが、前述の「無縁墓」には直接的なことはなかった。しかし、不破数右衛門にまつわる大正5年と昭和29年の地方版の新聞を大事に受け継がれていたのであった。

それは、数右衛門が討ち入りの時に着用していた「じゅばん」のことが書かれている記事であった。明治の初めに寺から持ち出され行方不明になっていたので、寺ではレプリカを作って対応していたものであった。
 今から30年ほど前に、時の丹南町長が、「実物は播州のY家に所蔵されている」ということを私に話されたことがあった。もしかしたらこの新聞記事のことをご存知だったのかも知れないが、私は「よんどころのない事情があって持ち出され、、売却(借金の形)されたと推測出来るので、今更相手方に迷惑を掛けてはいかがなものか」と思っていたのであった。2つの新聞記事には、それとなくそのような内容が書かれており、「矢っ張り!」と思ったのであった。少々事実とは相違している所があるが、70年も前の事だ。時間を作って一度そのお家に伺ってみようとは思っている。

大正5年と昭和29年の新聞記事

献本を受ける 忠臣蔵の漫画2冊

こんな本が送られて来た。

 突然「献本」を受けることになった。黒金ヒロシ著『1702 忠臣蔵 雪の本』と『1702 忠臣蔵 月の本』の2冊である。献本先は「宗玄寺内古市義士会御中」となっている。
どうして宗玄寺に送られて来たのかはサッパリ見当が付かないが、「忠臣蔵ゆかり地」というネットによるのかも知れない。参考文献や参考史料が列挙してあったが、宗玄寺伝来の物はネットで公開しているので、もしかしたらとは思うが記載はなかった。
 漫画を読むのはもう50年以上も空いているので、目が追いついて行かないのであった。



トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました