広島・長崎の日 平和の鐘を撞こう

8月6日 午前8時15分より  広島の鐘

8月9日 午前11時02分より 長崎の鐘

追弔と平和を願って

どなたでもお越しください


 8月6日は広島に原爆(ウラン型)が投下された日です。8時15分、人類が初めて原爆の犠牲になりました。一瞬の内に数万の人達が亡くなり、その年の12月末までに14万人が亡くなり、負傷者は7万9千人を超えると言われています。

 8月9日には長崎に原爆(プルトニウム型)が落とされました。11時02分、人類史上2度目の核兵器が長崎上空で炸裂したのです。犠牲者は7万3千人、負傷者は7万4千人に及んでいると言われています。


 私たち日本人は、この地球上で二度も核兵器の犠牲になりました。「核が戦争の抑止力」であるとか、「戦争を終わらせる為の核の使用であった」など、いろいろと議論や意見があるところですが、一般市民の、赤ちゃんからお年寄りまで、無差別に殺傷してしまうのが「核兵器」です。

 広島の平和公園には、「安らかにお眠りください 過ちはくりかえしませぬから」と、平和を誓った言葉が刻まれています。

 どうして人間は争いを繰り替えすのでしょうか?
 被爆国でありながら、どうして「核の共有」などという、「愚劣な考え」が出てくるのでしようか?

 「核」は決して「抑止力」にはなり得ません。「平和利用」でありながらも、核の「ゴミ」は、完全に、安全には処理することが出来ないのです。人間は「パンドラの箱」を開けてしまったのですが、箱の蓋を閉めて、決して再び開けてはなりません。

 私は、この地球が、映画『猿の惑星』のようになって欲しくはないのです。私一人では何もできることはありません。しかし、犠牲になった方を悼み、平和を希求することを訴えて行くことは出来ます。

 広島と長崎の日に、「追弔の鐘」を撞き、「平和を希求する鐘」を撞くことは出来るのです。

 どうぞ「心ある方」は時間を作って鐘を撞きにお越しください。一緒に平和を願って鐘を撞きましよう!! 鐘のあるお寺は、どうぞ鐘を撞きましょう!! 

 丹波篠山市は「非核平和都市宣言のまち」です。あちこちのお寺の鐘が鳴らされ、教会のチャペルが鳴らされる「マザーランド」でありますように。優しさにあふれる地域でありますように。


 8月6日 午前8時15分より  広島の鐘
 8月9日 午前11時02分より 長崎の鐘


トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました